こちらのアイテムは2016/10/30(日)開催・第二回文学フリマ福岡にて入手できます。
くわしくは第二回文学フリマ福岡公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

オルフォイスの迷路

  • い-31 (小説|歴史・古典)
  • おるふぉいすのめいろ
  • 綿津見青
  • 書籍|A5
  • 44ページ
  • 300円
  • 収録作品

    「北に向いた窓」

    【あらすじ】

    現代のパリ、画家気取りで屋根裏のアトリエを借りたシドニーは、奇妙な夢に悩まされる。旧友アーダルベルトを巻き込んでの霊視の結果は…。

    【作者のたわごと】

    久々のアーダルベルトとシドニーのゴーストハンターもの。ひとりだと限りなく暗くて愛嬌なしのアーダルベルトも、シドニーが出てくると明るい話になるという見本。おちのシドニーがかわいそうだと言われました。

    【関連小説】「思い出の国」「幻の修道院」「月光のフロリンド」「フォン・リュッツオーヴェル少佐のサーベル」収録の「リリー・トゥリー」「幻惑の森」「エグモント・リンレイの左手」収録の「老女中の物語」「月影の塔」収録の「アードリー家の遺産」

    「オルフォイスの迷路」

    【あらすじ】

    軽騎兵見習い士官ヴェルナーは、父中佐と共に招かれた館で、主の姪の少女フローラと出会う。フローラは亡き家族の姿を写し取った迷路庭園の大理石像に魅せられていた。

    【作者のたわごと】

    19世紀初頭のプロイセンが舞台の軽騎兵ヴェルナーものの第2作。前作「死霊の森」で24歳の凛々しい(?)中隊長殿は、今回15歳の悪ガキ時代真っ盛り。父中佐殿のお茶目さが人気でした。作者がオジサマ好きなもので…。(でもフォンW中佐殿は普通のオジサマの概念の彼方にあるな。)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ヴェーヌスの耳飾りアシュタールの瞳オルフォイスの迷路死霊の森思い出の国幻の修道院月光のフロリンドフォン・リュッツオーヴェル少佐のサーベルFreund Hein幻惑の森エグモント・リンレイの左手Ultima Ratio Regum 反逆者冬物語薔薇の下に

「気になる!」集計データをもとに表示しています。