こちらのアイテムは2022/5/29(日)開催・第三十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

かざぐるま2016秋号「旅」

  • セ-05〜06 (小説|アンソロジー)→配置図(eventmesh)
  • かざぐるま 2016 あきごう「たび」
  • 貴羽るき、田んぼの恵、天野すずめ、鳥居未由、五三一〇、長月琴羽、牧原西穂、柏木むし子、冬島さやか、n.n.、結城梗
  • 書籍|A5
  • 132ページ
  • 0円
  • 2016/09/18(日)発行
  • 「旅」をテーマにしたアンソロジー。小説から紀行文まで、目的や行き先もさまざま。

       収録作(敬称略)   
      

    貴羽るき「タイム・トラベル」
     旅をテーマに綴られた、15首の短歌たち。  
     

    田んぼの恵「ウーパールーパーはガラス張り世界の夢を見るか?」
     かつての夢を信じて、彼女はシャッターを押し続ける。  ある日迷い込んだ風変わりな店で経験する、不思議なひと時。  
     

    天野すずめ「心中旅行」
     近所の踏切、遠くの町の神社。  少年と少女が死に場所を探すための、ひと夏の旅。   
     

    鳥居未由「アワジ之ホ」
     鳴門の渦潮が見たいという郷里の友人、早見。  突然訪れた彼を案内すべく、彼らは一路西へと向かう。  
     

    五三一〇「鳥だけが知っている」
     人も物も吹き飛んだ世界に、ぼろぼろの車が走る。  謎の塔、宙に浮く童子。男は遺物を集め続ける。  
     

    長月琴羽「情熱」
     ファインダーを外して景色を見ること。  スランプとすら言えない迷いを抱え、彼女は旅に出る。  
     

    牧原西穂「死者の祭り」
     レンダールの町を訪れた女戦士クリス。  髑髏の仮面を被る少年に導かれた先で見たものとは。  
     

    柏木むし子「ワールズエンド・ディナータイム」
     灰沼村のムールルと、刺森村のティトリト。  白い大地を踏みしめて、二人の若者は世界の果てを目指す。

     ご本人のサイト「むしむしプラネット」は下記アドレス。
      http://berry.velvet.jp/ds/  
     

    冬島さやか「夢見た景色」
     夢見た景色をもういちど目の前に再現するため、物語を書いている桃子。  しかしひとつだけ、物語にできない夢があった。

     ご本人のサイト「Channel 666」は下記アドレス。
     クトゥルフ神話&ダークファンタジー。
      http://ch666.web.fc2.com/  
     

    n.n.「旅をする絵」
     エポスの街に突如として展示された絵。  題名も作者もわからないまま次々と現れる絵に、人々は心を奪われていく。  
     

    結城梗「空」
     あらゆる空と世界、そして僕と君の姿を描く詩。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

嘘きみのみかた三世代終末紀行文白線の内側放課後にまつわるエトセトラマザーグースとあそぼう女王ヒルデガルダ22017年春号 テーマ「恋」都市伝説 scheme14 2016年秋号かざぐるま2016秋号「旅」2016年春号 テーマ「鉱物幻想 イシを巡る9の歌と13の物語」2014年秋号テーマ「しっぽ」2013年秋号 テーマ「呪文」2013年春号 テーマ「迷」2012年春号「サーカス」

「気になる!」集計データをもとに表示しています。