こちらのアイテムは2022/5/29(日)開催・第三十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

2013年秋号 テーマ「呪文」

  • セ-05〜06 (小説|アンソロジー)→配置図(eventmesh)
  • にせんじゅうさんねんあきごう
  • 木村縦雄、鳥居未由、小張葵、柏木むし子、結城梗、アリコ、n.n.
  • 書籍|A5
  • 0円
  • 2013/11/01(金)発行
  • 今回の文学フリマにあわせて作った新刊です。
    テーマ「呪文」のもと、7名で8作品です。

    以下、掲載作品の簡単な紹介です。

    木村縦雄さん「かえりへ至りて」
     放課後の教室を舞台に、生徒会長が「僕」に語り掛けてきたのは、
     「名前は呪いの一種だと思わないかね」というもの。
     名前に込めた願いは呪いと表裏一体なのか。
    小張葵さん「イエ」
     ブースC-27「まちあかり」の小張葵さんからの寄稿。
     結婚して最近引越ししてきた家になじめず、嫌な感じを
     覚えている妻の楓と夫の新を描いたもの。
     家に感じる違和感の行方とは……。
    アリコさん「おまじない」
     学園一のアイドルが事故にあった後、学園でアイドルの
     無事を祈って始められた人形を使ったおまじない。
     果たしておまじないの効果とそこに込められた想いとは。
    n.n.「蝋指人形」
     呪いの同人誌を買ってしまった男が同人誌を読むにつれ、
     奇妙なことに巻き込まれていく。
    アリコさん「罅割れた白磁」
     美しい人形の一日を描いたもの。世界のすべてが
     輝いているような……。
    柏木むし子さん「あなたに告げる」
     ブースD-23「むしむしプラネット」の柏木むし子さんからの寄稿。
     時計屋を訪れた少女の話。隠された意外な秘密とは。
    結城梗さん「短歌集(2013秋)」
     現実の重力から離れて、軽やかに宙を舞う言葉たちが紡ぐ美しい
     イメージ。そっと眠るように目を閉じて、意識を日常から解き放つ。
    鳥居未由さん「イカロスの骸」
     謎めいた「巨人の歌」が流行り、人々に不安が広がる中、事の真相を
    探るよう司教に命じられた一人の女が見たものは……。重厚なファンタジー。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

嘘きみのみかた三世代終末紀行文白線の内側放課後にまつわるエトセトラマザーグースとあそぼう女王ヒルデガルダ22017年春号 テーマ「恋」都市伝説 scheme14 2016年秋号かざぐるま2016秋号「旅」2016年春号 テーマ「鉱物幻想 イシを巡る9の歌と13の物語」2014年秋号テーマ「しっぽ」2013年秋号 テーマ「呪文」2013年春号 テーマ「迷」2012年春号「サーカス」

「気になる!」集計データをもとに表示しています。