こちらのアイテムは2022/5/29(日)開催・第三十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

白線の内側

  • セ-05〜06 (小説|アンソロジー)→配置図(eventmesh)
  • はくせんのうちがわ
  • かたつむり激怒
  • 書籍|A5
  • 116ページ
  • 100円
  • 2020/09/06(日)発行
  • 新刊。
    身近に存在しながらも普段意識することの少ない「白線の内側」をテーマにした作品集です。
    白線の下に広がる世界を舞台にした企画「白線の中の街」も収録しています。

    ①テーマ「白線の内側」 木村縦雄「地図にない境界」 何か白黒つけたい時、区別をつけたい時にはご用命を――「世界境界支援機構」 入社して半年が経過したある日、男はこの機構の理念について考えていた。 五三一〇「オモイデパート」 それはきっと、無くしてはいけない思い出だった。 廃墟となったデパートを探索する中での、邂逅と追憶の物語。 冬島さやか「この電車が駅を出たとき、私はきっと号泣する」 ささいな噂から疎遠になってしまった陽子と皐月。 十年後に再会し、帰りの電車で会話をするうちに、誤解が解けていき――。 矢野無村「先に立たず」 大学に入って、バスケットボールはやめてしまった。 コートの白線の内側だけが、本当の自分に出会える場所だった。 菅江真弓「バリエーション」 マジシャン、学生、クラスメイト、教師、棋士……。 何気ない日常の中で流れていく、ささやかな一コマの数々。
    ②企画「白線の中の街」 長月琴羽「雲の上はいつも晴れ」 駅のホーム、白線の向こう側。まひる、濃い青色の空。 うるさすぎない音量の蝉時雨と、くっきりと浮かんだ七色の虹。 n.n.「禁忌の白 ~あるいは世界の構造について~」 悪夢に悩まされる僕は、夢占いも得意なクラスメイト、マユさんに相談する。 そうして夢を読み解く中で、僕はその夢に隠されたルールに気づく。 一色麻衣「白線のない街」 転校生トガワはこの街に白線がないことを気にしていた。 そんな彼との交流を通じて、「白線のない街」の人々にも変化が起きていく。
    巻末付録 ひいろまい「へんせきにっき」 ひょんなことから始まった文学フリマへの挑戦。 これは編集責任者ひいろまいの戦いの記録である…

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

嘘きみのみかた三世代終末紀行文白線の内側放課後にまつわるエトセトラマザーグースとあそぼう女王ヒルデガルダ22017年春号 テーマ「恋」都市伝説 scheme14 2016年秋号かざぐるま2016秋号「旅」2016年春号 テーマ「鉱物幻想 イシを巡る9の歌と13の物語」2014年秋号テーマ「しっぽ」2013年秋号 テーマ「呪文」2013年春号 テーマ「迷」2012年春号「サーカス」

「気になる!」集計データをもとに表示しています。