こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ゆきのふるまち

  • カ-07〜08 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • ゆきのふるまち
  • くまっこ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 450円
  • 2014/08/15(金)発行
  • 年中雪が降っている雪深い町——雪町。
     ほとんどの人が生まれた町を出ることなく一生を過ごすこの世界で、雪とともに暮らす三人の女の子たちが、隣町に聳え立つ美しい木細工の観覧車に憧れながら、それぞれにいろんなことを感じながら成長してゆくお話です。
     
     ほんのり優しくて、ほんのり切ない日常を綴りました。


    ***
    もくじ
     ・雪町
     ・蒼子ちゃんと香苗さん
     ・蒼子ちゃんとわたし
     ・鱒谷さんと香苗さん
     ・木町


    ***
    以前文学フリマにて「三題噺スタンプラリー」の景品として配布した掌編を大幅に加筆した作品です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

千古草の巫女綺羅星と星屑ゆきのふるまちねこのはなし月の子 —ふたご座星の乙女—ぼくたちのみたそらはきっとつながっている廻る針の一夕語りクマの豆本製造ラインクマの豆本製造ライン2

「気になる!」集計データをもとに表示しています。