こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ねこのはなし

  • カ-07〜08 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • ねこのはなし
  • くまっこ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 72ページ
  • 500円
  • 2013/08/11(日)発行
  • 白くて大きいそいつは、じろりと僕たちを見て
    「おまえたち捨て猫かい?」と聞いた。


     箱に入れられ捨てられた兄弟猫のゆく末。
     人間の世界から猫が消えた日のこと。
     姿の見えなくなった猫が集う憩いの地。
     ……野良猫をモチーフに描くファンタジー短編集


    猫と暮らしたことがないから猫をよく知らないけれども猫が好きな著者が送る、猫の物語を集めた短編集です。
    短編小説がメインですが、小説の合間に猫エッセイもいくつか書いて、道ばたで出会った猫の写真もたくさん掲載しました。


    *掲載作品*
     ・箱の中の毛布
     ・ネコロシ
     ・ねこのいないまち
     ・猫園公園
     ・緑の診療所

     猫エッセイ&猫写真
     ・ご近所の猫さま
     ・親切な猫さま
     ・眠る猫さま

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

千古草の巫女綺羅星と星屑ゆきのふるまちねこのはなし月の子 —ふたご座星の乙女—ぼくたちのみたそらはきっとつながっている廻る針の一夕語りクマの豆本製造ラインクマの豆本製造ライン2

「気になる!」集計データをもとに表示しています。