こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

廻る針の一夕語り

  • カ-07〜08 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • めぐるはりのいっせきがたり
  • アンソロジー
  • 書籍|B6
  • 900円
  • 2014/03/09(日)発行
  • 方位・方位磁針をテーマに、15人の作品を掲載したアンソロジー。
    14の短編小説と連詩が1つ入っています。
    同じテーマでもジャンルは様々。同じテーマに、こんなにも違う作品があるんだ、と思っていただけると思います。
    どの作品も素敵で、自信を持ってお勧めできるアンソロジー。
    ぜひお試し読みをして、盛りだくさんな内容を確認してみてください♪


    +掲載作品+
    『春萌す方』/恣意 セシル
    『魔女の遺品』/猫春
    『北海道中エルボーバイシクル』/マンノン
    『彗星旅団』/伊織
    『明るいところで光る星』/日野 裕太郎
    『魔女の祝福と人の王』/相沢 ナナコ
    『ケントと星のコンパス』/R・H・恵賭
    『鈴の音の響くところ』/くまっこ
    『宵闇喫茶』/なな
    『止まない風』/まりも
    『彼女の右手』/久地 加夜子
    『時計さん』/高村 暦
    『ネヴァーランドのわたしたち』/あずみ
    『南の空の、冬の三ツ星』/みやの はるか
    『指針と羅針』/泉 由良

    表紙イラスト:いぬのほねこ
    デザイン:ハルノブ・くまっこ

    ***
    お試し読みはこちらからどうぞ。
    http://books.doncha.net/happy-reading/detail.pl?uid=93165147&bookid=539

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

千古草の巫女綺羅星と星屑ゆきのふるまちねこのはなし月の子 —ふたご座星の乙女—ぼくたちのみたそらはきっとつながっている廻る針の一夕語りクマの豆本製造ラインクマの豆本製造ライン2

「気になる!」集計データをもとに表示しています。