こちらのアイテムは2018/7/8(日)開催・第三回文学フリマ札幌にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ札幌公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

風のいとし子

  • う-36 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • かぜのいとしご
  • 孤伏澤つたゐ
  • 書籍|B6
  • 140ページ
  • 800円
  • 2018/7/8(日)発行
  • 大陸から遠く離れたアルス島に暮らすエミリーと、
    風に愛された男ゼトの、古い傷と新しい傷をめぐる少女小説です。
    一冊完結です。

    試し読みはこちらからどうぞ(ピクシブです)

     登場人物紹介
    ・エミリアン・ピアッダ(エミリー)13歳
    父の死後、若くしてふなおさとなった女の子。
    15年上のゼトのことをうっとうしく思いながら、
    ちゃんと守ってやれるようにならなくちゃといつでも頑張っている。

    ・ゼト 28歳
    エミリーの風見師。
    風見師というのは船を動かすための風を呼んだり、
    航海の邪魔になる風を鎮めたりするひと。
    島で一番の風見師と言われて、ちょっと調子に乗ってる。

    ・フリュー
    エミリーの親友の女の子。ピアッダ家の船に見習いとして乗っている。
    こわがり。

    ・ジャシャ・ラーダ
    ピアッダ家の船に見習いとして乗っているわかおさ。おっとりした性格。


    ノベルティで浜で拾ってきた貝殻のしおりが付きます。タカラガイかわいい。



ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

風のいとし子しろい庭のむすめ・上しろい庭のむすめ 中しろい庭のむすめ 下幼神【新装版】Last Odyssey魚たちのH2O語り直し日本神話合同誌『常世辺に帰す』深海×神話合同誌『無何有の淵より』海嶺谿異経禿はだしの竜騎士【委託】心にいつも竜を(竜と人&字書きと絵描きのコラボアンソロジー)【委託】キスとレモネード【委託】印象派【委託】海境より

「気になる!」集計データをもとに表示しています。