こちらのアイテムは2018/7/8(日)開催・第三回文学フリマ札幌にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ札幌公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

Last Odyssey

  • う-36 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • らすとおでっせい
  • 孤伏澤つたゐ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 38ページ
  • 300円
  • 2015/11/23(月)発行
  • 烏丸、海にも森にも、空はかぎりなくひろがっているよ。
    そして空は、いつだって宇宙とつながっているんだ。

    ――――――

    30xx/16/35 AM 00:89
     烏丸が帰ってこない。伊呂波の部屋をたずねると、柳臣も戻っていないという。部屋のものはあらかた食べてしまって、もうこれしかのこっていないんだ、とスケッチ用のペン先をスナックのように口にほうりこむ。
     ――海にいったのかもね。
     ――とけちまうだろ。
     ――どっちかはのこるんじゃないかな。
     柳臣と伊呂波の部屋は、伊呂波だけがのこされて、平坦で透けている。

    ――――――

     僕は朽ちた発動機に崩れ落ちた。熱を持たぬ僕のからだ。かつて熱を持ち、力強く振動していた発動機。黒板に、生物誌を神話のようにひもとく五本の指には、水かきがない。
     役目を終えた発動機を抱いて僕は結晶化する。僕のかたちがとけだしさだまろうと凝固しはじめるそばから、螺旋状の雨は降り、すべてをとかした。

    ――――――

    よにんの少年と、ひとりの博士のさいごの物語。

    試し読みはこちらからどうぞ

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

風のいとし子しろい庭のむすめ・上しろい庭のむすめ 中しろい庭のむすめ 下幼神【新装版】Last Odyssey魚たちのH2O語り直し日本神話合同誌『常世辺に帰す』深海×神話合同誌『無何有の淵より』海嶺谿異経禿はだしの竜騎士【委託】心にいつも竜を(竜と人&字書きと絵描きのコラボアンソロジー)【委託】キスとレモネード【委託】印象派【委託】海境より

「気になる!」集計データをもとに表示しています。