こちらのアイテムは2019/1/20(日)開催・第三回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【委託】文芸アンソロジー トリカラ

  • え-07 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • ぶんげいあんそろじー とりから
  • 凪野基、谷津矢車、海崎たま、豆塚エリ、七歩、流歌、まるた曜子、空虹桜、氷砂糖、とりのささみ。、穂坂コウジ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 106ページ
  • 400円
  • 2017/11/03(金)発行
  • 【ご注意!】
    【在庫僅少!】
    こちらの本は委託主さまのお手元にも、もう在庫がありません!
    いつ売り切れてもおかしくないので、気になる方はお早めに!!


    『文芸アンソロジー トリカラ』、お気軽に「トリカラアンソロ」って呼んでくださいね。
    Twitterでの公式ハッシュタグは #トリカラアンソロ です。

    内容について呟かれているツイッターモーメントも適宜更新中!
    http://https//twitter.com/i/moments/908916674929115137

    表紙みて!
    トリカラだよ! つよいよ!

    執筆陣みて!
    豪華だよ! つよいよ!


    お声かけした執筆陣の方には以下のことをお願いしました。

      「トリカラ」という単語の入った作品を書いてください。
      なお、トリカラとは鶏の唐揚げのことです。

    トリカラという単語縛りです。
    SFあり、奇譚あり、恋愛あり、と大変濃厚なアンソロジーが出来上がりました。

    【執筆者/作品タイトル】

    凪野基/月のトリカラの人
    谷津矢車/芦野啓介の憂鬱
    海崎たま/トーコのトリカラ弁当
    豆塚エリ/かげぼうし
    七歩/天使のトリカラ醤油味
    流歌/フラワー
    まるた曜子/旅連れの抒情詩
    空虹桜/楽しい日
    氷砂糖/レモンのひととき
    とりのささみ。/トリカラ
    穂坂コウジ/トリカラブルース

    ロゴ・イラスト:とりのささみ。
    責任編集:氷砂糖


    A6サイズ(文庫サイズ)| 表紙込 106ページ | 400円

    『バイロン本社からのここがお勧め!』
    鶏の唐揚げの出てくる文芸アンソロジー
    出てくるのは身近なトリカラなのに、時空のひずみに嵌まったような作品集です。
    私は冬の日に読んだので、南極の氷のクレバスに嵌まってトリカラを食べている気分でした。
    SFなトリカラ、幻想小説トリカラ、男と女のスリリングなトリカラ、仮想のトリカラ、はたまた切ない恋の味のするトリカラ、追憶の幸福に浸るトリカラ……
    何はともあれ、お読みになって、一緒に叫びましょう。
    「トリカラ食べた~~~~い!」


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

吸血鬼作品集「VIAGGIO NOTTURNO」Crimson Regalia 吸血鬼作品集Lacrime rosse 吸血鬼作品集Et mourir de plaisir祝祭 カルネヴァーレ小夜曲騎士の剣吸血鬼映画 Chaotic Catalog vol.1吸血鬼映画 Chaotic Catalog vol.2月光の封土外伝「風鳥詩」月光の封土「夜待月」万象の綺夜2万象の綺夜3万象の綺夜4万象の綺夜5万象の綺夜6万象の綺夜7睡蓮運河万象の綺夜 備忘録【委託】美形と鼻血アンソロジー「美形点睛」【委託】文芸アンソロジー トリカラ【委託】心にいつも竜を(竜と人&字書きと絵描きのコラボアンソロジー)【委託】青い幻燈【委託】マインツのヴィルヘルム【委託】花街ダイニング【委託】淅瀝の森で君を愛す【委託】幸運な子供たち【準新刊】【委託】あわいにゆれるひととあやかし【委託】短夜にこいねがう

「気になる!」集計データをもとに表示しています。