こちらのアイテムは2022/5/29(日)開催・第三十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

僕らはみんな冷えている。

  • ウ-15 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • ぼくらはみんなひえている
  • ナカノ ヒトリ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 84ページ
  • 300円
  • 『私は想像した。ただ、冷蔵庫に入っただけ。の彼らの家を。』

    今日も冷え切った関係に疲れた誰かが、冷蔵庫の中に入っていく。

     『あんたの中学の時の友達の、林さん。
      あそこのお母さんが冷蔵庫に入っちゃったんだって。
      長いこと旦那さんと上手くいってなかったとか。
      まさか冷蔵庫に入っちゃうなんてねぇ。
      よっぽど冷え切ってたのねぇ。----------』

     半同棲中の亜由美とヒロ。
    愚痴っぽい実家の母、すぐに気配を消す父。ついでに兄。
     女性実業家の里香さん、ヘタレ夫の神谷先輩。

    当たり前じゃないような、当たり前の日常の物語。

    本文はこちらで試し読みできます。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

わたしたちには なやみなんてない。ドーナッツの無い短編集僕らはみんな冷えている。なんとなくでも、なんとか生きてるわたしたちDonuts,Donuts,Donuts.essay  solo.

「気になる!」集計データをもとに表示しています。