こちらのアイテムは2021/11/23(火)開催・第三十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

私たちの「戦う姫、働く少女」

  • タ-23〜24 (評論・研究|現代思想・哲学)→配置図(eventmesh)
  • わたしたちの「たたかうひめ、はたらくしょうじょ」
  • ジェンダーと労働研究会
  • 書籍|四六判
  • 124ページ
  • 1,200円
  • 2019/05/30(木)発行
  • ポップカルチャーから現代社会を鋭く分析した『戦う姫、働く少女』の刊行から2年。 同書が投げかけた問いは、若手研究者たちによって受け止められ、次の議論へ発展した。気鋭の研究者たちが、メイドカフェの働き方や、男性アイドルの商品化など新たな視点で〈わたしたち〉が直面する問題に深く切り込む。
    おさえておきたい映画・小説などの作品リストや、重要なキーワードを解説するミニコラムも収録。 (解説キーワード)メイドカフェ/再生産労働/家父長制/共通文化/消費者民主主義/承認と再分配

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ジェネレーション・レフトPOSSE vol.49マルクスの物象化論[新版]暗い世界大洪水の前になぜオフィスでラブなのか戦う姫、働く少女私たちの「戦う姫、働く少女」資本主義リアリズムラグジュアリーコミュニズム緊縮ノスタルジアみんなのコミュニズム地域アートはどこにある?

「気になる!」集計データをもとに表示しています。