こちらのアイテムは2021/11/23(火)開催・第三十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ラグジュアリーコミュニズム

  • タ-23〜24 (評論・研究|現代思想・哲学)→配置図(eventmesh)
  • らぐじゅありーこみゅにずむ
  • アーロン・バスターニ
  • 書籍|四六判
  • 360ページ
  • 2,700円
  • 2021/01/30(土)発行
  • 資本主義がもたらす破滅的な危機を避けるため、いまこそテクノロジーの恩恵を人々の手に。万人に贅沢(ラグジュアリー)を。 めざましい技術革新の果てにあらわれるポスト資本主義社会へ向けた新たな政治=「完全自動のラグジュアリーコミュニズム」の構想。
    資本主義リアリズム、加速主義を超えて、イギリスの若手ジャーナリスト、アーロン・バスターニが新しい未来を提示する。

    帯文 斎藤幸平 ほんとに技術革新で贅沢なコミュニズムができるの? 「脱成長コミュニズム」への挑戦!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ジェネレーション・レフトPOSSE vol.49マルクスの物象化論[新版]暗い世界大洪水の前になぜオフィスでラブなのか戦う姫、働く少女私たちの「戦う姫、働く少女」資本主義リアリズムラグジュアリーコミュニズム緊縮ノスタルジアみんなのコミュニズム地域アートはどこにある?

「気になる!」集計データをもとに表示しています。