こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ゑひもせす

  • セ-04 (詩歌|現代詩・散文詩)→配置図(eventmesh)
  • えひもせす
  • 真下章
  • 書籍|新書判
  • 179ページ
  • 1,100円
  • 2020/02/13(木)発行
  • 昨年亡くなられた群馬の詩人・真下章さん(H氏賞も受賞されています)の詩集「ゑひもせす」が、このたび出版されました。その箱・カバー・表紙などの装幀に関わらせて頂きました。

    真下さんは養豚業をされていたのもあって、豚の詩を多く書かれています。今回の詩集にも豚の詩が収められています。お正月明けに縁のある養豚場へ頼んで写真を撮らせて貰いに行きました。皆さん快く受け入れてくださって、ストーブで温めた缶コーヒーまで頂いてしまいました。ありがとうございました。その時の写真を外箱に使っています。豚の背に書かれた「C6」は、出荷直前に書かれる出荷番号です。先日、詩集の件でお世話になった方からお手紙を頂いたのですが、その中に「豚の背中は私の背でもあります。命あるものの宿命をC6は表しているようで象徴的……」ということが書かれていていて、それを読んで何故自分がこの写真を使いたかったのか、その時は分からなかった理由がやっと分かりました。自分の意思とは関係なくやってくる宿命を背負わされるのは、豚も人間も同じです。

    暗い外箱から覗く赤いカバーは、真下さんの詩をイメージした血の色です。シンプルに箔押しの文字が入っています。

    表紙は真下さん直筆の書です。
    「もっと きれいにと みもこころも よじりながら こんかぎりに さいてるもじずり のはながすきだ」
    「もじずり」は「ねじばな」のことです

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

Memento poetica星座の骨蓮は黙す 力の群れ紅いろの贄僕は僕の船でゆくゑひもせす北原白秋門下三羽烏のことがなんとなく分かった気になる本。Poem Season七夕の雨詩的現代33号詩的現代34号

「気になる!」集計データをもとに表示しています。