こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

胡蝶のほし

  • ア-23〜24 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • こちょうのほし
  • テンジク
  • 書籍|A5
  • 88ページ
  • 1,000円
  • 2020/11/22(日)発行
  • 「そうですか。せんせいは、そんなひとなんですね」
    自分が蝶になる不思議な夢を見る男子高校生の田ノ上葵は、大学受験に向けて副担任の佐倉慎太朗と苦手科目の講座を行っていた。 夏休みのある日葵は、佐倉が自分の名前を呼んで自慰をしているところを目撃してしまう。 

    よそに発表する機会を失った昨年度の卒制となります。
    表題作の『胡蝶のほし』とpixivにて収録済みのSS『十年後の君へ』、今回再録するに辺り書き下ろした18禁短編『なつのあやまち』をしゅうろくしています。
    こちらの作品はBL要素(男性同士の恋愛)、露骨な性描写などを含みます。R-18作品ですのでお求めの際は年齢確認にご協力お願いいたします。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

『アヤナ』胡蝶のほし硝子の靴を叩き割れ零時の鐘が鳴ったとしても藝術戦隊ストレンジメイト俺たちの卒制プチオンリー そこになければないですね!

「気になる!」集計データをもとに表示しています。