こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

俺たちの卒制プチオンリー そこになければないですね!

  • ア-23〜24 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • おれたちのそつせいぷちおんりー そこになければないですね!
  • そこない
  • 書籍|A5
  • 68ページ
  • 1,000円
  • 2020/11/22(日)発行
  • 「そこになければ(俺たちで作るしか)ないですね!」

    そんなコンセプトの元、卒制発表と同時に頒布の予定だった「俺たちの卒制プチオンリー」。

    そこない参加4作品『『アヤナ』』『硝子の靴を叩き割れ』『胡蝶のほし』『藝術戦隊ストレンジメイト』を、原作者とは違う3人がそれぞれ解釈して生まれた短編5編。あなたのまだ知らないウラ側が、ここにあるかも。

    ※この本だけでも楽しめますが、4作品をお読みいただくとよりお楽しみ頂けます!



    『クロマロ珍道中』テンジク

    (藝術戦隊ストレンジメイト×胡蝶のほし)

    江古田を散策するクロと葵の仲良しコンビの話


    『黄金を呑む』鹿野月彦

    (藝術戦隊ストレンジメイト)

    音愛と『彼女』の、"始まる前に終わってしまったひとつの可能性"の話


    『模範解答』minmin

    (胡蝶のほし)

    先生の部屋で夏を過ごす葵の話


    『LackVoxExhibition』minmin

    (『アヤナ』)

    『趣味』を終えた裕斗の身に起こり始めた不審な現象の話


    『サファイアの冠を脱ぎ捨てろ』minmin

    (硝子の靴を叩き割れ)

    ウエディングフェスでデートするメグミとケイの話

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

『アヤナ』胡蝶のほし硝子の靴を叩き割れ零時の鐘が鳴ったとしても藝術戦隊ストレンジメイト俺たちの卒制プチオンリー そこになければないですね!

「気になる!」集計データをもとに表示しています。