こちらのアイテムは2021/10/3(日)開催・第六回文学フリマ札幌にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ札幌公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

さらば、名もなき群青たち

  • え-09 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • さらば、なもなきぐんじょうたち
  • 橋尾克彦
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 300円
  • 2020/11/22(日)発行
  • 繊細な情景描写で紡ぎ出されるどこかノスタルジックな影を持つ物語たち。
    「旧友は蛍を見たか」に続く、関西の若者の青春群青「さらば、名もなき群青たち」
    夏、父との情景を描き出す「美しき夏、いまだ変わらぬ父の姿」
    電子書籍「さらば、名もなき群青たち」からの短編作品集。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

記憶は雨のように雪うまれ、真夜中そだちほろ酔い帰路でしか言えないから持てうる限りの愛をこめてFly me to the moonおよそ夏のおわり春と、パリの回想電車にゆられてやわらかな水六月の花嫁さらば、名もなき群青たち放課後の彼女よくある質問と君だけの正解〇一の境界きょうのご機嫌いかが

「気になる!」集計データをもとに表示しています。