こちらのアイテムは2024/5/19(日)開催・文学フリマ東京38にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京38公式Webサイトをご覧ください。

文脈とビール 3

  • 第一展示場 | N-06 (評論・研究|食文化・料理・グルメ)
  • ぶんみゃくとびーるさん
  • CRAFT DRINKS
  • 書籍|B5
  • 500円
  • https://craftdrinks.thebase.i…
  • CRAFT DRINKSでは主に人とお酒の関わりを研究していて、背後にある思想や文化、形式などに注目して書いてきました。それ自体は特に問題ないと思うし、一定の意義があると考える一方で、お話が若干抽象的になりがちだとも認識しています。実体から構造を導こうとするとどうしてもそうなってしまいます。そういうものばかりだと煮詰まって肩が凝ってしまうこともしばしばです。
    息抜きとも違うのだけれども、定期的に逆のことがしたくなるのです。一つのビールに向き合い、そこに見つかる極めて個人的な感覚を書き残しておきたいという気持ちが強くなる。美味しかったビールを記録しておくのではなく、何かしらの文脈という流れにビールを添わせてみた時に一つ重要な一を示すだろうと私が考えるものを取り上げています。また、そのビールが映える場所がどこなのかを考え、文脈を流れの中からすくい上げてみたいと考えました。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

クラフトビール文献読書会活動報告書 2024年4・5月 発足記念号サシノミ2サシノミクラフトビールの今とこれからを真面目に考える本 改クラフトビールの諸相 クラフトビールを起点とした人と社会に関する論考集それほどガチらず、なるべくラクして美味しいクラフトビールが飲みたいんですけど、なんとかなりませんかね?文脈とビール 3

「気になる!」集計データをもとに表示しています。