こちらのアイテムは2024/5/19(日)開催・文学フリマ東京38にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京38公式Webサイトをご覧ください。

クラフトビール文献読書会活動報告書 2024年4・5月 発足記念号

  • 第一展示場 | N-06 (評論・研究|食文化・料理・グルメ)
  • くらふとびーるぶんけんどくしょかいかつどうほうこくしょ
  • CRAFT DRINKS
  • 書籍|B5
  • 40ページ
  • 1,000円
  • https://craftdrinks.thebase.i…
  • 2024/5/19(日)発行
  • CRAFT DRINKSが主催するクラフトビール文献読書会ではクラフトビールにまつわる様々な事象を文献を読みながら議論し、理解を深めていこうとする集まりです。
    見られているという感覚があると本音で話せないし、見られているせいで建前、ポジショントークになっては意味がないので完全オフラインで開催しております。遠方にお住まいで参加出来ない方にも有益な議論については知って頂きたいので活動報告誌を作りました。
    発足に関する文章に加えて、時間の都合で議論出来なかった論点などを補論として追加しています。B5で40ページ、38000字。


    目 次
    はじめに クラフトビール文献読書会発足の経緯と意図 1
    美味しく楽しく飲むために 1
    ものが言いにくい世界 1
    閉鎖空間の良さ 2
    オンラインではなくオフライン 2
    会の形式 3
    無料にする理由 4
    まずは一年 4
    第1回 4月21日 「クラフトビールとは何か?」 5
    1.テーマ選定と意図 5
    2.取り上げた文章 6
    3.結果①「私の考えるクラフトビール」 9
    4.結果②「世間の考えるクラフトビール」 10
    5.グループディスカッション 11
    6.主催者による補足 主体性について 13
    7.補論 『ローカル原料』という、モノではなく情報について 13
    第2回 5月11日 「ビアスタイルの記述形式と認識」 17
    1.テーマ選定と意図 17
    2.論点と取り上げた文章 17
    3.結果 ビアスタイルと言われるものは… 22
    4.考察① 形式の違いから見えてくること 22
    5.論点 『ビアスタイルの記述は十全なのか?』について 24
    6.考察② ビアスタイルの裏側、虚構の世界 24
    7.考察③ 現実的な運用 26
    8.考察④ 要素還元的なビール、情報を飲むということ 27
    9.考察⑤ ビアスタイルによるスタンプラリー化 29
    10.考察⑥ サンフランソーキョーの出現と場所の喪失 30
    11.補論 今いる場所とここまでの距離を考えた 31





ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

クラフトビール文献読書会活動報告書 2024年4・5月 発足記念号サシノミ2サシノミクラフトビールの今とこれからを真面目に考える本 改クラフトビールの諸相 クラフトビールを起点とした人と社会に関する論考集それほどガチらず、なるべくラクして美味しいクラフトビールが飲みたいんですけど、なんとかなりませんかね?文脈とビール 3

「気になる!」集計データをもとに表示しています。