こちらのアイテムは2022/5/29(日)開催・第三十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

孤独な恋人

  • ア-10 (小説|純文学)
  • こどくなこいびと
  • 大坪命樹
  • 書籍|B6
  • 208ページ
  • 700円
  • 2021/01/10(日)発行
  •  この小説は、なかなか出版社に認められない大坪命樹が、インパクトのある作品を書こうと思って、作ったものです。珍しく登場人物の構成を考えてから書きましたが、小説の構造は途中で大きく変化させたものです。多元焦点で書かれていますが、差し挟まれるように平成末期の描写が入るのは、そのためです。
     多くの登場人物の視点で描かれていて、さまざまな人々の思いを書き分けるのが難しかったため、少々書き損ねている部分もあり、自分では恥ずかしいところも多いです。しかし、同時に大坪の作の中ではもっともインパクトがある作品だと思っております。
     出生の謎を抱えた森田望一は、背負った大きな業に打ち勝てるのか? 恋愛ストーリー仕立てには成っていますが、いろいろなものが作中に描かれております。ぜひ、みなさんに御一読戴きたい小説です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

好き病み(手作りハードカヴァー)空華第一五号空華第一四号空華第一三号サリエリの庭はっちゃんがゆくジオハープの哀歌孤独な恋人ガラスの子供たち仏化の劫火6クラリネット五重奏曲舞台裏のルーレット鞭と人参ベートーヴェン交響曲「幻影」アマプレベス菩提人

「気になる!」集計データをもとに表示しています。