こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ベルリン、記憶の卵たち(4) HERBST

  • カ-05〜06 (評論|文芸批評)→配置図(eventmesh)
  • べるりんきおくのたまごたち よん へるぷすと
  • サトミ セキ
  • 書籍|A5
  • 44ページ
  • 500円

  • ベルリン音楽祭やランゲナハトなど、アートで始まり壁の崩壊の記憶で終わる、ベルリンの短い秋。

    ベルリンは一言で言い切ることのできない錯綜したキャラクターを持ち、荒廃した更地から幾度も再生を繰り返してきた。その複雑さと巨大な生き物のようなエネルギーは、どんなに外見が変貌しても存在しつづける。

    たくさんのベルリンの写真を交えたエッセイ集、「ベルリン、記憶の卵たち」完結編。


    《目次》

    • 秋はアートで始まり壁で終わる
    • 二〇〇一年九月一一日
    • ベルリンの犬と子供
    • 食器洗い機が壊れたら
    • じゃがいもと地下室
    • こわいベルリン
    • さまよう異邦人
    • 光の箱
    • あとがきのかわりに


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

稀人舎通信改2号稀人舎通信改3号未入籍別居婚~私の結婚スタイル~Solid Situation Poemsそらしといろの「万年詩」BL詩歌集 兄の器ベルリン、記憶の卵たち(1)WINTERベルリン、記憶の卵たち(2)ベルリン、記憶の卵たち(3) SOMMERベルリン、記憶の卵たち(4) HERBST遺された光 Vladivostok 2013-2018建築史眼 Critical Distanceアイスランド ──氷と青の王国

「気になる!」集計データをもとに表示しています。