こちらのアイテムは2017/5/7(日)開催・第二十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

選集・ある濫筆狂の記録から

  • カ-10 (評論|サブカルチャー)→配置図(eventmesh)
  • せんしゅうあるらんひつきょうのくろくから
  • 鈴木真吾
  • 書籍|A5
  • 500円
  • 2012/11/18(日)発行
  • 第15回文学フリマ合わせで製作。オフセット、80頁、横書き、500円。

    JUNKというハンドルネームで、鈴木が2001年から2009年までテキストサイトやmixi日記などで書き散らしてきた日記的なテクストの中から、読むに耐えうるものを選別し、誤字脱字の修正や追加情報、2012年の時点からみた解題などを付け加えた自選論集。

    時事ネタも多いので、同時代の証言的な部分もあるやも。

    副題を含めた、『ある濫筆狂の記録から――猟奇教養主義と平成修養主義の狭間で苦悩する夢想者の形而上的欲望にエナメルを塗る躁病の書生が点滴にトリカブトを混入するソドム百二十日的な狂乱の終末は最早こないと十年前に世の中によって訓育され洗脳された思い出に呪詛の言葉を向けて綴った文筆行動の副産物』が正式名タイトル。

    2013年の9月に『書物回廊――俗・ある濫筆狂の記録から』を作ったので、そちらも合わせてぜひ。

    濫筆: 鈴木真吾
    表紙・挿画:崇山祟
    解説: 風合文吾 (少女地獄第九階層)

    ◆委託 
    Amazon(密林社委託)
    タコシェ
    Comic Zin
    カフェギャラリー幻
    マッチングモール

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

Kulturtrieb-G Vol.4艦そろじー文化採り猟奇譚選集・ある濫筆狂の記録から続・伊豆高原珍奇探求-ようこそ まぼろし博覧会へ-伊豆高原珍奇探求・改

「気になる!」集計データをもとに表示しています。