こちらのアイテムは2018/10/28(日)開催・第四回文学フリマ福岡にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ福岡公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【委託】青い幻燈

  • う-14 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • あおいげんとう
  • 並木 陽
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 56ページ
  • 500円
  • 2015/11/23(月)発行
  • 一瞬に魂を燃やす、若者たちの青春

    (『文学フリマガイドブック』通算第9号 推薦作品)

    19世紀パリ、ラテン区。画家と詩人が同居する古いアパルトマンに、ひとりの少女がやってくる。ただグリゼット(お針子)とだけ名乗る彼女は、詩人がかつて作った物語のヒロインのようでもあり、画家が愛していた猫のようでもあり……。そんな彼らの前に、永遠の孤独と引き替えに芸術家の魂の充足を約束しようという謎の紳士が現れる。


    『ご注意』

    こちらの本は、委託冊数の関係上、当方手元在庫が極小となっております。(作者さまのお手元には在庫がございます)

    文フリ京都にて確実に入手されたい方は、お急ぎください!


    『バイロン本社からのここがお勧め!』

    パリ、ラテン区、画家と詩人の卵、猫、美しい家出娘、マギステルと綽名される老爺。
    あるいはグリゼット、シヒスムンダ、ブランシュフルール……ファム・ファタールとメフィストフェレス。

    不意に触れる隣人の、友人の心の機微。
    不意に訪れる栄光の、不滅の霊感と……孤独。

    この本のページを開き、物語の随所に隠された、あるいは示された象徴を追い、幻燈の青い光に切り抜かれた影を追って読者がたどり着くのは、ただひたぶるになにかを追い求めながらも迷う青春という名の『未完の物語』を、彼らが(そして我らも)綴り続けているということ。
    まだ見ぬ永遠の真理を求めて?
    いまこの手にあるささやかな幸福を抱いて?

    ……いずれにせよ、その命の炎が消えるまで。

    19世紀パリを舞台にした、芸術……創作を志す者たちの物語です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

吸血鬼映画 Chaotic Catalog vol.2吸血鬼映画 Chaotic Catalog vol.1Et mourir de plaisir祝祭 カルネヴァーレCrimson Regalia 吸血鬼作品集Lacrime rosse 吸血鬼作品集小夜曲騎士の剣【委託】Spot in the Spot (上・事件編)【R15】【委託】Spot in the Spot (下・真相編)【R15】【委託】青い幻燈【委託】マインツのヴィルヘルム【委託】カルミラ族の末裔【委託】美形と鼻血アンソロジー「美形点睛」【委託】剣士と赤竜『福岡初頒布』【委託】双つ海に炎を奏で【委託】エフェメラのさかな【委託】花街ダイニング【委託】淅瀝の森で君を愛す【委託】心にいつも竜を(竜と人&字書きと絵描きのコラボアンソロジー)【委託】文芸アンソロジー トリカラ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。