こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

にじいろの「はなじ」

  • 第一展示場 | G-34 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • にじいろの「はなじ」
  • とき子
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 164ページ
  • 800円
  • https://toccodocco.stores.jp/
  • 2023/9/10(日)発行
  • エッセイ集第二弾は『はなじ』です。 それは鼻血であり、話であり、花字。 日々の妄想、過去の失敗、家族の笑い話などなど、日常をさまざまな色に分けて出力してみました。 つる・るるるさんによる書き下ろしエッセイ、橘鶫さん、玉三郎さんの絵から生まれた物語を含む19篇。
    【著者紹介】 とき子 転勤族の妻、そして小学生の母。40半ば、まだまだ私は私を知らない。 妄想しながら笑って過ごす鼻息荒めの主婦。 なぜかとても象が好き。

     【目次】 ●赤の糸    あの日一度散った私たちは最強になった、かもしれない   リボ払いに負けた女 ●橙の家    アリエッティ、それは借りない方がいい   この出会いこそサプライズ   涙のワケには色々あって ●黄色い熱風   モハメド・オリ・ベーグル   ハワイを思って日本の名店を思い出す   アツいのは夜だけでなく ●グリーンメモリーズ   パンジーヤンキー① ただいま   パンジーヤンキー② ぶん投げる過去   パンジーヤンキー③ またね ●青色の日々   梅ソーダカントリーロード   言の葉の庭 ●白い友達の桃色   エクセレントなネクター(つる・るるる) ●インディゴの箱   いつかの花束をあなたへ   散らし先生とご隠居ルンバ   そこに悪意はあったのか ●紫の空想【物語】   世界の終わりにあるものは   ふたりはともだち ●あとがき (つる・るるる)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

羽ばたく本棚「お邪魔します」が「ただいま」になった日春夏秋冬、ビール日和にじいろの「はなじ」なけなしのたねつるる&とき子のぬか床日和乙姫つるるポストカードセット「イヌワシのつがい」ステッカー