こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

春夏秋冬、ビール日和

  • 第一展示場 | G-34 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • しゅんかしゅうとう、びーるびより
  • つる・るるる
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 152ページ
  • 800円
  • https://note.com/tsururururu
  • 2021/11/23(火)発行
  • 【内容紹介】
    この部屋、チャタテムシが湧いてきてマジで発狂するんだけど!
     ルームシェアしていた従姉が騒ぎ出したことによって、二年ほど住んだ西葛西の部屋を泣く泣く離れることになった私。
     不動産屋のお兄さんに流されるようにして決めた埼玉県のワンルームで始めた一人暮らしは、思いのほか波乱万丈でした。
    いきり立つシマヘビ、いきなりグレるぬか床、黒光りするアイツとの闘争、怪しい婦人からのお誘い……。
    あまりにも地味な、しかし当人にとっては重大な事件。
    そしてそんな低空飛行気味な日々を癒してくれたのは、冷蔵庫のビールでした。
     

    【目次】
     はじめに
    春 
    部屋探しの旅   
    ようこそ、カルシファー   
    ピーターたちの遺産   
    おいでよやくぶつの森   
    誕生日に、蛇を踏む   
    タイムカプセルを仕込む
     
    夏支度、風鈴日和   
    「とりあえずビール」なんて。   
    イカロス   
    ゴキブリブギウギ   
    キュウリ夫人の仲間入り   
    お気楽手術日記(by 生涯ピアノ弾き)
     秋 
    金木犀と惰眠の休日   
    洗濯機の激震   
    さようならハーゲンダッツ   
    あの女子高生は、予言者だったのかもしれない
     冬 
    眠れぬ夜は、旧友を抱いて   
    疑惑のコッペさん   
    オンライン飲みで、虚無とバトル   
    いとしのふきのとう
     あとがき

    【著者紹介】
    つる・るるる
    1994 年生まれ、湘南育ち。 千葉県や東京都で従姉との二人暮らしを経て、2020 年の3 月から埼玉県のワンルームで一人暮らしを始める。 noteではぬか漬け部部長を務める。
    好きなぬか漬けはカブとゆで卵、好きな味噌汁の実は切り干し大根と木綿豆腐。
    note : https://note.com/tsururururu Twitter : @shimaumaumasou

    【書籍情報】
     A6判並製 152頁
     装幀・装画:編屋さつき
     印刷所:株式会社 栄光

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

羽ばたく本棚「お邪魔します」が「ただいま」になった日春夏秋冬、ビール日和にじいろの「はなじ」なけなしのたねつるる&とき子のぬか床日和乙姫つるるポストカードセット「イヌワシのつがい」ステッカー