こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

記憶から思考への道

  • 第一展示場 | M-12 (小説|純文学)
  • きおくからしこうねのみち
  • 深井了
  • 書籍|A5
  • 698ページ
  • 1,000円
  • https://store.mutoukai.com/pr…
  •  思考は基本的には記憶を素材として、基礎として成り立っているとしていいであろう。しかし、デカルト以来、近代哲学は絶対的真理を求めるとして、記憶を排除してきたのである。記憶はあいまいで、忘却により無化し、絶対的真理を求めるうえで不必要、入ってはいけないものとされてきたのである。カントの先手的、先験的という概念も、経験からの記憶を取り除いたものとして存在しているのだ。
     しかし、デカルトの絶対的真理の出発点とされる「我思う故に我あり」も「我思う」を記憶していて、はじめて成立しているはずである。日常生活においては、読者も、一字一句を記憶しながら進んでいるはずである。(著者より)

     このような難解な哲学書を多く書き上げている深井さんの素顔は、東京大学出身の教養は感じさせるものがありますが、決してインテリのような知識偏重的なところがなく、多くの苦労と経験に裏打ちされたやさしいまなざしの感じられる、家族思いのお爺さんです。なにも知らない人が聞いたら、彼がこのような分厚い哲学書を著したこと自体、信じられないかもしれません。しかし、東京大学文学部哲学科の学識と波瀾万丈の苦節の経験が華開いた、集大成的著書の一つに数えられることでしょう。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

空華第一八号アマプレベスベートーヴェン交響曲「幻影」モーツァルトと皇帝たちト短調のモーツァルト記憶から思考への道深井了詩集一癲狂恋歌ジオハープの哀歌孤独な恋人禅僧小話集ガラスの子供たちはっちゃんがゆくサリエリの庭マーミン帝国の末裔壊れし泉の井戸水にて編みし魚ひさかたの第二号