こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

『マフィンと魔女と歌う樹のおはなし』

  • 第一展示場 | I-17 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • まふぃんとまじょとうたうきのおはなし
  • 天月翔子
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 320ページ
  • 800円
  • https://hocam.web.fc2.com/lib…
  • 2022/5/5(木)発行
  • 【あらすじ】
    遠い昔、あるいはいつかの未来、もしくはたったいまのおはなし。
    黄昏色をしたふしぎな森で、小鳥のマフィンは人間のお姉さんといっしょに暮らしています。ある日、マフィンは魔女が住むという塔のそばで〈魔法の石〉を見つけました。さっそく魔法の力で憧れの人間のすがたになったマフィンは、次に空を飛ぶための翼を願いました。そして、最後の願いは――

    4話収録の短編集。
    コミティアのティアズマガジンP&Rでご紹介いただきました。

    イラスト:けろ

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

『マフィンと魔女と歌う樹のおはなし』『魔女の観測 〜ネコと和解するおはなし』『魔女の森』『狼が兎と暮らしたら』『月光と月と三日月の剣』改訂版(上)『月光と月と三日月の剣』改訂版(下)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。