こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

嵐を呼ぶ男!

  • ネ-03〜04 (小説|その他)→配置図(eventmesh)
  • あらしをよぶおとこ
  • 杉山大二郎
  • 書籍|四六判
  • 496ページ
  • 2,000円
  • 2019/11/22(金)発行
  • 紹介

    戦国の覇者にして、第六天魔王とまで呼ばれるほどの苛烈な武将として恐れられた織田信長。尾張は、周囲を強大な勢力に囲まれ、いつ呑み込まれてもおかしくはない。それどころか国内も四分五裂。父・信秀の早逝で若くして継いだ織田弾正忠家の家督は、弟・信勝との諍いが起きるなど内憂外患の様を呈していた。そんな中で信長は、戦国の生き地獄をなんとしてもつくりかえるという熱き理想に燃え、常識にとらわれず、既得権益をものともしない領国経営を目指すゆえに「大うつけ」と呼ばれる。破天荒な言動は、自分がつくりあげたい理想の世の中=奪わず、殺し合わなくてもよい世の中「天下静謐」を実現するためだった。熱血の信長の若き日々を描きつくす長篇戦国歴史ロマンここに登場!

    著者プロフィール

    杉山大二郎
    1966年東京生まれ。従業員1万人超のIT企業において、経営幹部として販売力強化やセールスプロモーションの統括責任者を務めていた。SFAやCRMによる営業革新分野では、日本国内の第一人者である。独立後はコンサルタントとして多くの大手企業をクライアントに持ち、講演会や研修講師として全国を飛びまわる傍ら、作家としても小説の執筆を手がける。著書に『至高の営業』『ザ・マネジメント』(ともに幻冬舎刊)がある。本作が歴史小説第一作となる。オフィシャルサイト http://www.daijirosugiyama.jp

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

伝奇ルネッサンスアンソロジー 妖(あやかし)ファンタスティカ2伝奇ルネッサンスアンソロジー 妖(あやかし)ファンタスティカ義元、遼たり氏真、寂たり嵐を呼ぶ男!ファイアガード 新宿警察署特殊事案対策課ガーディアン 新宿警察署特殊事案対策課朽木の花〜新編・東山殿御庭

「気になる!」集計データをもとに表示しています。