こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

リフレイン

  • カ-37〜38 (詩歌|現代詩・散文詩)→配置図(eventmesh)
  • りふれいん
  • 鹿又夏実(当日在席)
  • 書籍|A5
  • 72ページ
  • 1,000円
  • 2018/07/17(火)発行

  • この世のはずれの扉をひらく

    少年が死んだいもうとのため
    弔いのうたのようなものをうたうと
    波はようやく静かになった
    平和には生贄がいる……。

    ——この世のはずれから横浜の港まで冷蔵庫のあかりを灯す。
    20編の詩を収録した第一詩集。


    「そこから出なさいと言われても/自己よりも肥大化した私は/影から抜けられないので/しかたなく自分の肉を切りきざみます」という詩句には、家族や社会との葛藤から引きこもり、自傷体験に至るまでがフィクショナルに表現されている
    一色真理(詩人/モノクローム・プロジェクト主宰)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

モノクローム2号(文学フリマ初売!)モノクローム1号(創刊号)リフレインデラ・ロッビア・ブルーの屋根あまのしずくアナンジュパスただし、物体の大きさは無視できるものとするstork markカバの本籍ものがたり詩集『ぼくと冴』冴羊水の中のコスモロジースパイラルそして彼女はいった──風が邪魔した。白くてやわらかいもの.をつくる工場洋裁師の恋(委託詩集)ブリキのバケツ(委託詩集)若い戦果(委託詩集)ひとさらい(委託詩集)バッド・トリップ(委託詩集)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。