こちらのアイテムは2017/11/23(木)開催・第二十五回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十五回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

文芸アンソロジー2016『そうして僕は切符を見つける』

  • C-31〜32 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • ぶんげいあんそろじー 2016 そうしてぼくはきっぷをみつける
  • 児童文学研究会文芸パート
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 276ページ
  • 700円
  • 2016/11/05(土)発行
  • 「うるし山線」という「路線」の設定を共有したアンソロジーです。夜になると幽霊電車が走るという噂もあって…? 架空の電車にまつわる、様々な物語を集めました。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

文芸アンソロジー2017『チャイムとともに魔法が解けても』児童文学作品集『ひみつきち 第6号』詩集『望遠鏡の先のわたしから、あなたに。』〈『これは王国のかぎ』『樹上のゆりかご』評論集〉『夢と現のあわい』文芸アンソロジー2016『そうして僕は切符を見つける』卒業してから、校舎裏を見つける。(詩集)紡命奇譚(文芸アンソロジー)ひみつきち第4号(児童文学作品集)Just Be Kids Vol.9 幻想植物園

「気になる!」集計データをもとに表示しています。