こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

あるべき時、あるべき場所で——同一プロットアンソロジー

  • キ-41 (小説|ライトノベル)→配置図(eventmesh)
  • あるべきとき、あるべきばしょで
  • ロナルド始澤
  • 書籍|A5
  • 220ページ
  • 1,500円
  • 2016/05/01(日)発行
  • 世界には特殊な力を持った異能者が一定数存在していた。あるものは『超能力者』、あるものは『魔法使い』と呼ばれ、組織に所属したり個人主義を貫いたり、各々が自らの能力と向き合っていた。ある時、異能者の周辺でおかしなことが起こり始めて……  同一のプロットから編み出される、あるべき時、あるべき場所でそれぞれの登場人物たちが自身の能力によって運命を翻弄されていく姿を六名の作者が物語として様々な姿に描き出す六編の珠玉のアンソロジー。
    収録作品
    高柳総一郎 『東京行きのぞみ最終便 京都発二十一時三十七分』  
    弥生ひつじ 『メアードを探せ』 
    志津『流れ、落日の果てへ』 
    獏八重樫『夜が明けるまで』  
    Q式 『愚者の炎にくちづけを』 
    ロナルド 始澤『あるべき時、あるべき場所で』 
    ※巻末には今回のプロットも収録

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

あるべき時、あるべき場所で——同一プロットアンソロジーThe Smoke (Book 3)The Smoke (Book 2)The Smoke (Book 1)僕はたいした理由もなく君の手を握る見知らぬ者たちの夜守護者たち: The Guardians

「気になる!」集計データをもとに表示しています。