こちらのアイテムは2022/10/2(日)開催・第七回文学フリマ札幌にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ札幌公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

緋衣草の記憶

  • い-23 (小説|ホラー・怪奇)→配置図(eventmesh)
  • ひごろもそうのきおく
  • 備雲ジュラ(J◆B)
  • 書籍|A5
  • 32ページ
  • 200円
  • 2021/11/22(月)発行
  • あたなのもとへ。……何度でも。

    8年前に妻を亡くした小塚は、郊外のアパートで一人静かに暮らしていた。
    ある日、小塚の隣の部屋に、矢吹とその娘・希里亜(きりあ)の母娘が越してくる。
    明るく可愛らしい希里亜は小塚に懐き、矢吹も娘思いのいい母親で、小塚は矢吹母娘と親密になっていく。

    しかし、矢吹の部屋の出窓に置かれた鉢植え、希里亜がいつも大事そうに抱えているヌイグルミ、作り過ぎたと言って時々、小塚の元へ持ってくる料理の数々は、亡き妻を思い出させるものだった。

    それらは、ただの偶然か?
    8年前に妻が死んだ理由とは?

    薄れつつある記憶が呼び覚まされる中、過去の悲劇が新たな悲劇を引き起こす、転生ホラー。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

オメテオトルの森タルタロスの沼アストレアの丘ガレキと猫と希望の果てに博テリア私とワタシの物語緋衣草の記憶白い命脈沈む欠片ヤクマン・ラプソディー

「気になる!」集計データをもとに表示しています。