こちらのアイテムは2019/7/7(日)開催・第四回文学フリマ札幌にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ札幌公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

アドルフの主治医

  • い-04 (小説|戯曲・シナリオ)→配置図(eventmesh)
  • あどるふのしゅじい
  • 劇団words of hearts
  • 書籍|A5
  • 800円
  • 2017年に上演した舞台の台本です。

    劇団words of hearts第12回公演
    『アドルフの主治医』(作・町田誠也)

    例えそれが恐ろしい結末だったとしても、僕にとっては結末のない方が恐ろしいんだ。

    1942年、ナチスドイツ政権下のドレスデン。
    ここで妻と暮らすヨーゼフ・メンゲレは、東部戦線から帰還したばかりの医者だ。
    帰還後は市内の病院や大学の研究所を当たるも、なかなか仕事に恵まれない日々を過ごしていた。
    そんなある日、ヨーゼフのもとに大学時代の恩師であるフェルシュアー教授が訪れる。
    久しぶりの再会を喜ぶ二人。
    そこでヨーゼフはフェルシュアーからアドルフ・ヒトラーに関する思いがけない提案を受けるのだが……。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

あの場所へ、近づくためにニュートンの触媒アドルフの主治医春燕と手曳き、更には陰と光の抄タウが見た半透明の風景Pray in the dark樹そして彼女はマンタに乗った約800字でつづる物語鏡

「気になる!」集計データをもとに表示しています。