こちらのアイテムは2022/1/16(日)開催・第六回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

『アレ』Vol.7

  • き-20 (評論・研究|現代思想・哲学)→配置図(eventmesh)
  • あれ・ぼりゅーむ・せぶん
  • アレ★Club
  • 書籍|A5
  • 272ページ
  • 1,000円
  • 2019/11/24(日)発行
  • 【今号の特集】

    今号の特集は「休―rest, break, in-active」です。
    「寝る」や「暇を持て余す」といった静的なものから「レジャー」や「アクティビティ」といった動的なものまで包含する「休む・休み」という行為・概念について、様々な角度から考察を試みました。
    小嶌さん描き下ろしの表紙イラストが目印です!

    【注目記事】

    今号の注目記事は以下になります。

    ①【インタビュー】國分功一郎:これからの「休み」を哲学する
    2011 年に刊行された『暇と退屈の倫理学』(朝日出版社,2015 年に太田出版より増補新版)の著者である哲学者の國分功一郎さんに、『暇倫』刊行から現在までの8年間を振り返りつつ、改めて現代における「暇」と「退屈」について、様々なお話を伺いました。

    ②【インタビュー】佐藤克文:「バイオロギング」から見えてくる動物の休息
    「バイオロギング」という研究手法を用いて研究する傍ら、『サボり上手な動物たち』という本を出しておられる佐藤克文さんに、動物の「サボり」や「休み」から見えてくることについてお話を伺いました。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

『アレ』Vol.10『アレ』Vol.9『アレ』Vol.8『アレ』Vol.7『アレ』Vol.6『アレ』Vol.5

「気になる!」集計データをもとに表示しています。