こちらのアイテムは2018/1/21(日)開催・第二回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第二回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

夕を迎えて嘯く

  • き-14 (小説|BL)→配置図(eventmesh)
  • ゆうをむかえてうそぶく
  • 紺屋マユタカ
  • 書籍|A5
  • 16ページ
  • 0円
  • 2017/1/22(日)発行
  • 翔太は改めて「いやなやつのほうの名前が露」と心で唱える

    梅雨の晴れ間の月曜日、酒井翔太(さかい・しょうた)が学校から帰宅すると、曾祖母が見知らぬ美少年二人をもてなしていた。
    兄弟だという日下部芝(くさかべ・しば)と日下部露(くさかべ・つゆ)は、しかし翔太と姉とはぜんぜんちがう睦まじさを持っていた。
    歳が近いから?! 歳が近い兄弟ってそういうもん?!
    妙な近しさを見せる兄弟を目の当たりにして戸惑う翔太(小四男子)の束の間のモブ視点BLコメディ

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

月はうごくもの異類ラブ詰め合わせ焔硝と水際 - Bright Line spectrum -Twisted Osmund天使の時間、人間の気色夕を迎えて嘯く徒花の散る庭

「気になる!」集計データをもとに表示しています。