こちらのアイテムは2018/1/21(日)開催・第二回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第二回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

名前のない光の粒について 増補新版

  • う-08 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • なまえのないひかりのつぶについて ぞうほしんばん
  • 伴美砂都
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 144ページ
  • 700円
  • 2019/11/24(日)発行
  • 私の視界には、無数の細かな光の粒が舞う──。

    美穂は大学一年生。
    快活で可愛い同級生たち、たくさんの食べ物、地元の同級生、新しいアルバイト、
    それから、ご近所に住む、織江さん。
    周囲のものに揺り動かされながら、さまよいながら、生きていく。
    幸せが、どういうものなのかわからないまま。
    完売御礼となった表題作に、関連作品をはじめ3本の短編小説を収録した「増補新版」です。

    <収録作品> 「名前のない光の粒について」(2017年1月刊行・初版完売)試し読みは→こちら 「3R」(つばめの巣 第9号掲載) 「深夜秘密バス流星号」(つばめの巣 第10号掲載)
    「オロナイン」(Web再録 カクヨムでお読みいただけます→こちら

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

口笛、東風となりて君を寿ぐ手ノ鳴ルホウヘ石壁破りて蘭は咲く海の夢アンノウンミーティングは302で名前のない光の粒について 増補新版繋ぎ屋台帳繋ぎ屋台帳2〜滲んだインク〜OneDayPassportすきまを行列がゆくつばめの巣 第12号猫の頬に月

「気になる!」集計データをもとに表示しています。