こちらのアイテムは2018/1/21(日)開催・第二回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第二回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

手ノ鳴ルホウヘ

  • う-08 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • てのなるほうへ
  • 紺堂カヤ
  • 書籍|A5
  • 144ページ
  • 1,300円
  • 2016/09/18(日)発行
  • とある企業の受付嬢として働いて、二年目の奏(かなで)のところへ、一通のメールがきた。
    それは、学生時代にバンドを組んでいた、深水壮太からのもの。

    「音楽、やろう」

    そのひとことが、すべて。

    イケメンギタリスト・根本亮、言葉を歌にするボーカル・平山サヤ、背中を預かるドラマー・遠藤奏……、そして天才・深水壮太。
    これは、音楽と人生を混ぜてしまった四人の物語。

    三部作にて完結したシリーズを、すべて収録した完全盤にて刊行!
    書き下ろし短編『燦々、七拍子』も収録。
    表紙は若原みしろによる描き下ろしです!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

口笛、東風となりて君を寿ぐ手ノ鳴ルホウヘ石壁破りて蘭は咲く海の夢アンノウンミーティングは302で名前のない光の粒について 増補新版繋ぎ屋台帳繋ぎ屋台帳2〜滲んだインク〜OneDayPassportすきまを行列がゆくつばめの巣 第12号猫の頬に月

「気になる!」集計データをもとに表示しています。