こちらのアイテムは2021/6/20(日)開催・第六回文学フリマ岩手(中止)にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ岩手(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【現代】ふたりぼっちにはもうなれない

  • ウ-16 (小説|短編・掌編・ショートショート)
  • ふたりぼっちにはもうなれない
  • ゆら
  • 書籍|A5
  • 32ページ
  • 100円
  • 2018/06/17(日)発行
  • 幼馴染で、親友で、誰よりも大切な彼女と幸せな日々を送っていた主人公の葵。

    しかし彼女に対する感情は、とある出来事をきっかけに大きく変わってしまう。

    自分の苦しみと彼女の幸せを天秤にかけ、葵が出した答えとは。

    中綴じコピー本です。


    以下、試し読み。


    「『どこまでもご一緒しましょう、お姫さま』」

     私が発したのは、劇のラストシーンで交わされた王子から姫へのセリフ。たくさんある彼女への想いがほんの少しでも伝わるように、今までのどの練習のときよりも心を込めて言葉を紡ぐ。

    その真意に気付いたのか、彼女は幸せそうに微笑んで答えを告げた。

    「『えぇ、どこまでも行けますわ。貴方となら』」

    そうして、長いこと二人で笑い合った。傾き始めた夕陽が窓から差し込み、廊下に真っ直ぐな光の道を作る。それが何だか幻想的で、この場所がありふれた小学校の廊下とは別の、どこか神聖な場所であるかのようにさえ感じた。

     その一言で、隣に立つことを赦された気がした。

     彼女の傍にいられることが誇らしかった。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【現代】白線を飛び越えて【現代】紫陽花の咲く頃に【現代】踏切前の喫茶店【現代】季節標本喫茶 燈台守のとある一日【現代】ふたりぼっちにはもうなれない春を待ちながら短歌ポストカード140字ポストカード140字ポストカード140字ポストカード140字ポストカード短文ポストカード

「気になる!」集計データをもとに表示しています。