こちらのアイテムは2023/2/26(日)開催・文学フリマ広島5にて入手できます。
くわしくは文学フリマ広島5公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

この身が愛を喪うまで

  • い-12 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • このてがあいをうしなうまで
  • 唯月湊
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 200ページ
  • 700円
  • 2023/2/26(日)発行
  • 創世神の寵愛を一身に受けた「言祝ぎの大魔女」は、今も最北の聖地キルスチッカで眠りについている。
    この世界を慈しむ「言祝ぎの大魔女」は、己を目覚めさせた者の願いを何でもひとつ叶えてくれるという。

    「言祝ぎの大魔女」の伝承を頼りに、一組の旅人が北の聖地を目指して旅をする。

    愛する者をその手で殺める衝動を抱えた女と、その身に不死を帯びた少女、ふたりの旅路が今始まる。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

この身が愛を喪うまで命の魔女の回想録幻火綺譚 -Ignis fatuus-遙か遠けき御伽話閻魔帳の冥府下り神送りの空 ー人の願い 神の願いー神送りの空 2神送りの空 3神送りの空 4その眠りに祝福を

「気になる!」集計データをもとに表示しています。