こちらのアイテムは2024/5/19(日)開催・文学フリマ東京38にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京38公式Webサイトをご覧ください。

【新刊】蜜蜂よ、夜々を遊行せよ

  • 第二展示場 Eホール | え-69 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • みつばちよ、よよをゆぎょうせよ
  • 鹿紙路
  • 書籍|B6
  • 190ページ
  • 2,200円
  • https://kakuyomu.jp/works/168…
  • 2024/5/19(日)発行
  • 【2024/5/19新刊】

    聴け、物語りの不滅を、聴け──

    幻想の南アジア亜大陸を、イギリス東インド会社に劫掠される史実の十八世紀インドを語りながら旅する語り部行者。かれは罪を犯したために死んだ伴侶のしゃれこうべを持ち、浄化のために雫の島・ランカー島を目指す。憎しみを木版更紗に染め上げる染色工、寵童に裏切られ、目から血を流し続ける皇帝、徴兵された男たちを待つ、経済封鎖下の嫁と姑、飢えと欲望の炎燃え立つベンガル、盲目の女声楽家に恋い焦がれ捨身する神殿巫女、悪霊だという農夫とシナモン剥ぎの青年――めくるめくまぼろしと真理の饗宴、壊滅と繁栄の夜ごとつづく対話。

    第一夜 女神殺し(北西部)
    ラージプートの貴婦人、彼女に焦がれる染色工、マハーラージャ・ジャイ・スィング2世、建築家、身分を偽って差し出された少女、ジャイナ教徒の少年

    第二夜 七重の都(北部)
    忘れられた皇帝とその寵童、ギリシア人女護衛

    第三夜 翼は雲に(ネパール)
    大王の名を持つ商人、兵役に取られた男たちを待つ嫁と姑

    第四夜 逸名画家の機織鳥(東部)
    スコットランド系イングランド人の種苗商の娘、宦官のカンパニー派少年画家、バウル(吟遊行者)、女神ボノビビとモノシャ

    第五夜 語れ、宵闇のラーガよ、照らせ(南部)
    バラモン階級の天才歌姫、彼女を慕う神殿巫女

    第六夜 物語りの不滅(スリランカ)
    シナモン剥ぎの青年と、悪霊だという青年

     











ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【新刊】蜜蜂よ、夜々を遊行せよB6サイズ 布張ブックカバー(スピン付き)征服されざる千年歌声玻璃の草原おばおね百合アンソロジー 乞ひぞ募りて【軽装版】【特装版】歌声

「気になる!」集計データをもとに表示しています。