こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

オートメーションと労働の未来

  • 第一展示場 | A-21〜22 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • おーとめーしょんとろうどうのみらい
  • アーロン・ベナナフ
  • 書籍|四六判
  • 2,200円
  • https://www.hanmoto.com/bd/is…
  • 2022/10/31(月)発行
  • 「AI技術の発展にともなう急速な自動化(オートメーション)によって、多くの仕事が不要になり大量失業が引き起こされる」
    そんな言説が、シリコンバレーの有力者から、政治家、批評家などにまで広がり、雇用危機が盛んに論じられている。

    しかし、本当に「オートメーション化」によって、私たちが直面しつつある雇用危機は説明できるのだろうか? 世界的に注目を集める社会理論家アーロン・ベナナフが、このような「オートメーション論」が抱える誤りを明らかにし、その裏に隠された資本主義の根本的な問題に迫る。


    ◎「仕事を奪われる!」という「オートメーション論」の裏に隠れる資本主義の構造

    ◎雇用とAI・自動化のあいだにある意外な関係

    ◎AI時代の大量失業対策としてのベーシック・インカム(BI)論が抱える問題

    ◎コロナ後の世界で、真に豊かな社会を築くために私たちがなすべきことは?


    これまでの「AIと仕事」論を塗り替える、革新的な一冊。
    読んだあとには、新たな未来が拓ける!


    【推 薦】
    ロボットの脅威は嘘だ!真の未来を知る必読書。
    斎藤幸平(経済思想家、『人新世の「資本論」』集英社新書など)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

POSSE vol.54寺山修司の遺産国家に抗するマルクスアートの力生きのびるための社会保障入門オートメーションと労働の未来なぜ基地と貧困は沖縄に集中するのか?貧困理論入門ポストヒューマン・スタディーズへの招待鳥は飛ぶのが楽しいかマルクスの物象化論[新版]中動態の映像学暗い世界大洪水の前に戦う姫、働く少女ジェネレーション・レフトなぜオフィスでラブなのか資本主義リアリズムみんなのコミュニズム暗い世界《時間》のかたち