こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

資本主義リアリズム

  • 第一展示場 | A-21〜22 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • しほんしゅぎりありずむ
  • マーク・フィッシャー
  • 書籍|四六判
  • 212ページ
  • 2,000円
  • https://info1103.stores.jp/it…
  • 2018/2/20(火)発行
  • ポップカルチャーと社会に鋭い光をあて、ヨーロッパで熱狂的な注目を浴びたイギリスの批評家、マーク・フィッシャーの主著、待望の邦訳刊行。 2017年に急逝した彼の、「ぼくらの」、言葉とため息、叫びを、未来へ届けるために。
    装丁 イシジマデザイン制作室(石島章輝) 装画 Stanley Donwood

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

POSSE vol.54寺山修司の遺産国家に抗するマルクスアートの力生きのびるための社会保障入門オートメーションと労働の未来なぜ基地と貧困は沖縄に集中するのか?貧困理論入門ポストヒューマン・スタディーズへの招待鳥は飛ぶのが楽しいかマルクスの物象化論[新版]中動態の映像学暗い世界大洪水の前に戦う姫、働く少女ジェネレーション・レフトなぜオフィスでラブなのか資本主義リアリズムみんなのコミュニズム暗い世界《時間》のかたち