こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

寺山修司の遺産

  • 第一展示場 | A-21〜22 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • てらやましゅうじのいさん
  • 伊藤 徹、檜垣 立哉
  • 書籍|四六判
  • 280ページ
  • 2,700円
  • https://www.hanmoto.com/bd/is…
  • 2023/7/24(月)発行
  • 寺山がこの世を去ってから40年──

    社会状況は大きく変化してきたが、寺山が残したものは、いまもなお読み直され、多くの読者・観客を惹きつけている。

    現代の問題意識と深くつながる、寺山の多岐にわたる活動に対して、思想、競馬、言語学、美術、デザイン、演劇、映像、政治をテーマに、各分野の筆者陣がそれぞれの問題意識で挑み、新たな魅力を発掘する画期的な論集。


    【推 薦】 渡部泰明(国文学研究資料館館長)
    そうか。いつまでもいかがわしさを失わないから、寺山修司は魅力的なのか。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

POSSE vol.54寺山修司の遺産国家に抗するマルクスアートの力生きのびるための社会保障入門オートメーションと労働の未来なぜ基地と貧困は沖縄に集中するのか?貧困理論入門ポストヒューマン・スタディーズへの招待鳥は飛ぶのが楽しいかマルクスの物象化論[新版]中動態の映像学暗い世界大洪水の前に戦う姫、働く少女ジェネレーション・レフトなぜオフィスでラブなのか資本主義リアリズムみんなのコミュニズム暗い世界《時間》のかたち