こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【詩集】閑散として、きょうの街はひときわあかるい

  • 第一展示場 | Y-09 (評論・研究|その他)→配置図(eventmesh)
  • かんさんとして。きょうのまちはひときわあかるい
  • TOLTA
  • 書籍|その他
  • 134ページ
  • 1,500円
  • https://spark.adobe.com/page/…
  • 2020/7/5(日)発行


  • 『閑散として、きょうの街はひときわあかるい』は「TOLTA マイナンバープロジェクト」によって制作された詩集です。本詩集は、2020年4月20日から5月19日までのあいだ(新型コロナウイルスCovid-19の影響により日本全国に緊急事態宣言が発せられていたあいだ)TOLTAと12人のゲスト参加者により書かれた言葉を構成して作られました。詳細はウェブサイトをご覧ください。

    【執筆者】 ゲスト参加者(敬称略) 暁方ミセイ、及川俊哉、大崎清夏、岡本啓、小峰慎也、柴田望、タケイ・リエ、文月悠光、北條知子、三上温湯、宮尾節子、吉田恭大 TOLTA 河野聡子、佐次田哲、関口文子、山田亮太

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

あるときはぶかぶかの靴を、あるときは窮屈な靴をはけ(3)書評集2022あるときはぶかぶかの靴を、あるときは窮屈な靴をはけ(2)翻訳書の楽しみ・書評集2020新しい手洗いのために(増補新版)【アンソロジー】猫と一緒に外国へ行く【詩集】閑散として、きょうの街はひときわあかるいこの宇宙以外の場所

「気になる!」集計データをもとに表示しています。