こちらのアイテムは2021/11/23(火)開催・第三十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

あの本屋のこんな本 本屋本書評集1

  • タ-18 (評論・研究|出版)→配置図(eventmesh)
  • あのほんやのこんなほん
  • 雅子ユウ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 84ページ
  • 900円
  • 2021/11/22(月)発行
  • 「本屋の本を読む。」 ただただ本屋について書かれた本を読み、それを紹介した書評集。といいつつ本屋の定義は曖昧で、取次など流通関連の本も多く収録。著者の守備範囲から、ISBNの付いていない昭和の本も発掘した本を売る人の本を読む本(Book of Bookstore's Book)第一弾。
    『街の本屋はねむらない』奈良敏行+田中淳一郎 『大海原―さらなる発展に向けて』藤野邦夫 『本屋な日々 青春篇』石橋毅史 『ブックセラーズ・ダイアリー』ショーン・バイセル 『ヨキミセサカエル 本の街・神田神保町から』柴田信 『神保町「書肆アクセス」半畳日記』黒沢説子、畠中理恵子 『本屋がアジアをつなぐ 自由を支える者たち』 『本の未来を探す旅 ソウル』内沼晋太郎+綾女欣伸 『本の未来を探す旅 台北』内沼晋太郎+綾女欣伸 『書店本事 台湾書店主43のストーリー』郭怡青 『内山完造の世界』猪木正美 『花甲録』内山完造 『本屋一代記 京都西川誠光堂』松木貞夫 『有的外博 丸善創業者早矢仕有的の知の環』原田幸四郎 『出版流通とシステム』村上信明 『ものがたり・東京堂史』田中治男 『業務日誌余白―わが出版販売の五十年』松本昇平 『私の人生』栗田確也 『日本出版販売史』橋本求 『書店ほどたのしい商売はない』上村卓夫

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

あの本屋のこんな本 本屋本書評集1よくわかる出版流通の実務プルーストを読む生活HAB 本と流通

「気になる!」集計データをもとに表示しています。