こちらのアイテムは2021/5/16(日)開催・第三十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

飴色月模様

  • キ-24 (小説|ライトノベル)→配置図(eventmesh)
  • あめいろつきもよう
  • 氷月青音
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 96ページ
  • 400円
  • 2019/07/07(日)発行
  • 「帰らないから、また迎えに来て」
    薄紅の尻尾を持つ尻尾族の飴屋店主・長女の月。
    不思議な効果を起こす札を作る札屋であり、ひきこもりの長男・マコト。
    踊り子として働く次女、末っ子・セイ。

    飴屋のきょうだいたちと、人々の一年。

    急峻な山に囲まれ、周辺諸国からの干渉も少なく、独自の文化を育んできたこの国――倭国。

    『遍くこの世を』
    『薄花色の凪に、いつか』
    につづく、倭国のシリーズです!


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

楽園の子供たち(完全版)リーマンアイカ空と地の狭間EX 総集編4 ポストアポカリプス・サイバー普通の矜持(新装版)願いの先のもう一歩(新装版)真夜中の生存遊技(新装版)月面の金糸雀遺伝子組み替えの花束空と地の狭間EX 総集編1 SF/概念系空と地の狭間EX 総集編2 SF/医療宗教空と地の狭間EX 総集編3 現代/馬鹿SF飴色月模様薄花色の凪に、いつか薄倖症候群遍くこの世を

「気になる!」集計データをもとに表示しています。