こちらのアイテムは2021/5/16(日)開催・第三十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

リーマンアイカ

  • キ-24 (小説|ライトノベル)→配置図(eventmesh)
  • りーまんあいか
  • 森村直也
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 166ページ
  • 600円
  • 2021/05/16(日)発行


  • ほとんど今、少し未来。
    でも社畜(リーマン)たちは変わらない。

    ◆企業戦士サラリーマン~いつか君の隣に
    いつか必ず君の元へと帰る――。
    愛する妻と生まれたばかりの子供を置いて海外赴任中の【俺】は、
    長期休暇を前にして緊張感に包まれていた。
    今度こそ、何としても、日本に帰る。

    筆者の同人誌デビュー作。再録。


    ◆世界は多くの様の上
    グズは嫌い。仕事のできない奴も嫌い。はっきりしない奴はもっと嫌い。
    けれど部下として面倒を見なければならない。
    何事もはっきり素早くを信条とする潔癖な聖華は、SEとしてのキャリアを着実に積み上げているが。

    単行本『世界は多くの様の上』再録。


    ◆いつか夢見た自由の前に
    流感に倒れた『俺』は一週間の強制休暇を取る羽目になった。
    病が癒えてくると感じるのは『自由』と自分がいなくても仕事が回るという事実。
    ふと思い立ち、いたずら心も相まって、『誰でもない』自分になり、電車に飛び乗った。

    単行本『いつか夢見た自由の前に』再録


    ◆スケジュール・パズル
    終業間際に受け取ったメールから始まる、怒涛の一週間。
    岩藤と野津には、日曜日、どうしても出社したくない理由があった。

    アンソロジー『ステル・メイト』参加作。


    ――哀すべき社畜(リーマン)たちが奏でる四篇の歌。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

楽園の子供たち(完全版)リーマンアイカ空と地の狭間EX 総集編4 ポストアポカリプス・サイバー普通の矜持(新装版)願いの先のもう一歩(新装版)真夜中の生存遊技(新装版)月面の金糸雀遺伝子組み替えの花束空と地の狭間EX 総集編1 SF/概念系空と地の狭間EX 総集編2 SF/医療宗教空と地の狭間EX 総集編3 現代/馬鹿SF飴色月模様薄花色の凪に、いつか薄倖症候群遍くこの世を

「気になる!」集計データをもとに表示しています。