こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

四季の見た色

  • ケ-34 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • しきのみたいろ
  • たまきこう
  • 書籍|その他
  • 28ページ
  • 200円
  • 少女たちが通っていた女学校の図書室。
    その奥にある図書準備室では、少女たちが置いて行った忘れ物を預かっていた。

    司書の高崎先生と、図書室に通う生徒、椿との忘れ物の物語。


    四季彩堂の既刊を引用しつつ、その間を埋めるような短編集です。
    既刊紹介のカタログのような一冊です。



ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

平城拾遺抄四季の見た色夜烏は星とともに眠るクレイズモアの探偵と音楽の種

「気になる!」集計データをもとに表示しています。