こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ファントムペイン(委託詩集)

  • チ-01〜02 (詩歌|現代詩・散文詩)
  • ふぁんとむぺいん
  • 鹿又夏実
  • 書籍|A5
  • 28ページ
  • 400円
  • 2019/10/12(土)発行

  • すでにない影が日だまりに眠る

    日暮れて
    ひらいたりとじたりする傷口を空に負い
    人々は敗者の影を踏んで行くことで
    街にゆるされている

    「戦後」
    詩集のページをめくると冷蔵庫や喫茶店や棺の扉もひらかれる。  
    扉の先に待つのは腐りかけた食物か、薫り高い珈琲か、それとも自分自身の死体なのか。 
    失われたもうひとりの自分は頁の先で待っている。

      ◇ ◇ ◇

    この秋、第一詩集『リフレイン』にて第2回花賞を受賞した著者の新作詩編10編を収める小冊子。
     第29回文学フリマ東京にて初売り。

    ●委託詩集

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

四角いサボテン世界の終わりの日みらいのおとなへリフレインstork mark ストークマークモノクローム2号モノクローム1号(創刊号)ファントムペイン(委託詩集)人魚伝説(委託詩集)ロゴスの墓標(委託詩集)萬能細胞の夜

「気になる!」集計データをもとに表示しています。