こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

みらいのおとなへ

  • チ-01〜02 (詩歌|現代詩・散文詩)
  • みらいのおとなへ
  • 関明夫
  • 書籍|A5
  • 112ページ
  • https://monopro.poetry.jp/ind…
  • 2019/10/1(火)発行

  • 10月刊行の新詩集!

    よわくちいさなものによりそう詩集


    この詩集は詩人である奥主榮さんがはじめて本名の関明夫名義で、「みらいのおとな」たちにむけてかきおろした本です。過酷な現実をようしゃなくえがいてきた作者が、はじめて過酷さをしりぞけ、生きることの夢や希望をかたることにした詩集です。

    関さんは小さなときから暴力をふるわれることのこわさをくりかえし体験してきました。作者のなかでは、公園のすべり台からおとされ、路上で石をぶつけられていた、半ズボンすがたのじぶんが今もたちすくんでいるといいます。でもそんな苦しい思い出をもっているからこそ、ほかのだれかがどんなつらい気もちをあじわっていたかが想像できるのです。よわくちいさなものによりそい、一人ひとりのうけてきた一つひとつの痛みに敏感でいられるのです。

    じぶんがたくさんひどいめにあい、生きることの過酷さをしっているからこそ、つたえることのできる夢や希望があります。この詩集をよんで、ぜひそんな作者のこころや思いにふれてください。

     ●A5判並装・本文112頁 
    1400円+税(定価)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

四角いサボテン世界の終わりの日みらいのおとなへリフレインstork mark ストークマークモノクローム2号モノクローム1号(創刊号)ファントムペイン(委託詩集)人魚伝説(委託詩集)ロゴスの墓標(委託詩集)萬能細胞の夜

「気になる!」集計データをもとに表示しています。